不妊治療に必要な栄養分

多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんみたい)ということわざをご存知でしょうか。
淑女の卵巣には、もともと卵胞に包まれたたくさんの卵細胞があります。通常は、月に1つずつの卵胞が成熟して排卵が起こるのですが、卵胞がある程度は成熟するものの排卵までに至らず、卵巣の壁面に卵胞が残って太くなってしまっている場合があります。この異常が多嚢胞性卵巣です。

多嚢胞性卵巣では、卵巣を覆う素肌が太く硬くなる結果、卵子が排卵されづらくなる。特にメンスダメージや淑女ホルモン分量の異常がある例、不妊症の大きな原因である多嚢胞性卵巣症候群と診断受けることもあります。

多嚢胞性卵巣の原因はまだはっきりとは分析されていませんが、淑女ホルモンなどの内分泌ダメージ、ポッチャリや糖代謝のダメージ、血行不良、遺伝などが要因ではないかと考えられています。そのためガードや対処としては、血行を良くして放出を促す栄養バランスのよいごはん、カラダをあたためるための適度な運動や入浴、ヤキモキを減らして自律心をいじるなど、普段の営みを見直してみましょう。havethecraic.com