メイクが壊れない技法

汗などで化粧が壊れない、ファンデーションの塗り方をご紹介します。
ファンデーションは量が最も大切で、少なすぎたり、多すぎる場合も化粧不調の原因になってしまう。
クレアトゥールによって適量はことなる場合がありますが、基本的にはパール粒大としているので、手の甲にのせてから量を確認するとよいでしょう。
ファンデーションの塗り方は、初めてパール粒大の基礎を手の甲にのせます。
そして、おでこ、両頬、鼻、あごにのせますが、鼻とあごは少量のほうがよいです。
それから、中指と薬指の第二関節あたりにまでファンデーションをつけて、面持の核心から外にかけて、素肌に固着させながら均一に伸ばしましょう。
あごは、首となじむように指しながら下に向かって伸ばし、おでこは軸から生え際にかけて伸ばしますが、生え際の時分は特に丁寧になじませます。
鼻は、鼻筋と小鼻のコンポーネントをのちから下に向かって伸ばして赴き、指に残るファンデーションを眼と眼の際に何気なく塗りましょう。
そして最後に、過剰な油分を押さえつける結果、スポンジとしてオールになじませますが、油分が浮き易い、髪の生え際や小鼻の身の回りは丁寧に統べることがポイントです。
基本的にファンデーションは、日焼け止めの後に塗りますが、素肌の魅力が不足していたり、油分が多すぎる際れいになじまないので、素肌の上っ面がべたべたしない状況に、保湿対処を行ってから塗りつけることが大切です。クレイプラセンタ洗顔